えっ同行援護が受けられないってどういうこと?

みなさん、こんばんは。
今日は外出から帰ってきたら
とても、憂鬱な気分になりました。
今まで何年も、お世話になっていた
介護事業所から、一本の
電話があったそうです。
家内に内容を聞いてみたら、「同行援護を、うちは
受けられなくなったんです。市役所から止められたから」って!!
私は、それを聞いて、突然のことに
おどろくとともに、いかりを感じました。
大事なことなのに、電話で、そんなこと、要件を
すませようとするのは何事やってね。
私は、すぐさま、その事業所に電話して
担当者に、どなりつけてやりました。
そして、市役所にも文句を言おうと想ったけど
夕方5時を過ぎていたから今日のところは
やめました。私たちは、2人とも、視覚障害者ですが
できることは、自分たちでがんばっているのに
必要以上に、利用時間とかを、すごくけずろうと
したり、同行援護のサービスを
受けられなくしてくるというのは、非常に矛盾を感じますねえ。
これは、弱い者いじめとしか想えませんねえ。
ほかの事業所のある人から
聴いた話しでは同行援護の単価を、すごく下げられたり
資格をとるのに高いお金をはらって、せっかく取った
資格がいかせないなどなど。
私たちも、せいいっぱい、がんばっているのですよ。
それなのに、国・行政のすることといったら
高齢者・障害者いじめもいいところですねえ。
私も家内も、とても、ブルーな気持です。